原理

この世には何らかの原理があります。


人間の身体は水分78%でそれ以外は22%です。

空気の成分は窒素が78%で酸素、二酸化炭素、それ以外が22%です。

腸内の細菌は善玉菌78%、悪玉菌が22%が理想的とされています。

足裏の体重負荷率はかかと78%、つまさき22%です。

コーラの瓶の縦と横の長さの比率は78:22です。


およそ8:2の割合で構成されている物事は、多様な範疇でみられます。


同じ巣のアリを10匹集めると2匹ほど働かないアリがみつかります。

例えばサムライアリに襲撃された時などのイレギュラーに対応するため「働かない」という

役割を担っているとされています。


余裕、余力を残して行動することが生存戦略として大切だという事です。


人間の日常生活においての言動もおそらく同様です。常に100点満点の言動、たちふるまいでは周囲に角が立ち、生存戦略としては不得手と言えます。

ストイックな人間であったとしても、遊び心がまるでなければおそらく精神はきしんでしまいます。

合理性をもって生きようとすれば、78点程度の言動を心がけることが好ましいのです。


ただし、昆虫とは違い人間の場合は100点以外は許されないという時があります。


野口英世のお母さん(シカさん)は息子が手にやけどをして使えなくなり、

学校へ行かなくなった時、100点満点あるいはそれ以上の言動が必要になりました。


身を賭した掛け値なしの良心があるか否かを試されました。

そして100点以上の回答を清作(野口英世)に魅せました。


これほど極端な例ではないとしても100点以外は許されないというシチュエーションがあります。多くはマイナスの出来事となって目の前に登場します。


そこでは人間自体を試されることになります。

その際、身を賭した誠実な行動をとれたとしたら、

好ましい価値を手にできるのかもしれません。


何も手にしなかったとしても、それをみた周りの人の心は動きます。

自分と自分の周りの人達の未来を変える大切な布石になるはずです。


人間は事実や原理ではなく、心で動く生き物だからです。


そして、心を磨くことが学ぶことや働くことの究極の目的なのではないかと

思います。



参考➡https://matome.naver.


宮本



外語センター三鷹

地域密着、少人数でアットホームな英会話教室です(三鷹駅徒歩1分。1994年設立)

0コメント

  • 1000 / 1000